インスリン非依存性糖尿病は糖代謝障害、尋常性乾癬や掌蹠膿疱症、IgA腎症などはIgA型の脂肪酸代謝

障害です、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などはIgE型の脂肪酸代謝障害です、リウマチなどや攣縮型狭心

症、全身性エリテマトーデス、クローン病、腎症、習慣性流産なども脂肪酸代謝障害として知られている

催奇形性作用により奇形の子供が産まれないように代謝障害を健常状態に回復させるプロジェクトです

        

        

          

      


催奇形性作用


ビタミンやミネラルの欠乏による代謝障害と知らずに、対処療法が多い皆保険だけの治療は催奇形作用が出る可

能性があるので柏市市長(嘆願書)及び市議会(陳情書)に提案を求めたが受け入れてもらえもせんでした千葉

県知事にも同様に書簡を送りましたが反応がなく”栄養型の障害児を防ぐ会”2017年9月30日を発足しました


子供のカウンセリングは2年間で48万円です、原則大人の入会は認めません。




アドバイザリースタッフはビタミン剤・ミネラル剤などや食物による健常の維持を目的としてい
ます、栄養型代謝障害(主に補酵素の欠乏)を食物で健常状態に戻すものです、遺伝子型代
謝障害(酵素の欠損症)は含まれていませんこの場合は病院で医薬品などにより処置します


2型糖尿病、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、IgA腎症、腎症、気管支喘息、関節リュウマチ、クローン

病、全身性エリテマトーデス、攣縮型狭心症、習慣性流産などは代謝障害の可能性があります、脂肪酸代謝障害

はIg(免疫グロブリン)が多量に体内にたまるなどするために炎症系サイトカインなどが多量に発現して、関節や

内臓、上皮細胞(排出器官として働き皮膚や口から肛門までの粘膜、目など)に炎症が起き鬱も発症すると言わ

れています、これらは帝王切開などで母親の腸内細菌を引き継がなかったことや、抗菌薬(抗生剤)を使用した

り、30〜40歳ごろから始まる腸の老化によるもの、生卵白を摂取したり喫煙者(副流煙を含む)や多量に飲酒し

たりする場合と考えられています、腸の老化(高齢出産に備える場合も)でビタミン類やミネラル類の産生が減弱

した方やそれらの吸収が衰えた方はそれらを補えば時間はかかりますが健常状態に戻ります。

医者には代謝障害の概念が稀薄で柏市の医療審議会の議長をしている方が調査したときには市内でビタミン

B7を知っていた医者は一人だけだったと知らされました。ステロイドなど医薬品によるアトピー性皮膚炎など未

病の対処療法はこれらの無知からくる処置です。

必然的にこれら未病を治癒させなければ催奇形作用で奇形(発達遅延、自閉症状、内蔵形成障害短肢症、神経

管閉鎖症など)の子供が生まれる確率が非常に高くなります。 悪い言葉で言えば自業自得となりますから子供

を作る前に医者に盲目的に頼らずご自分で催奇形性作用を調べることが肝心です

※ とこやさんでは上記に記載されている代謝障害などはセルフメディケーションで改善しようとする方を

エビデンスを基にサポートさせていただいています





現在、日本で唯一NR・サプリメントアドバイザーの資格を持っている とこやさんです

NPO法人ではありません

腎臓の炎症で透析を考えている方や中性脂肪値、高血圧などの未病で
不安な方は右の私の欠乏症をクリック 
  


強ミヤリサンの販売は終了いたしました

JR常磐線 南柏駅 JR    

スマートフォン版