とこやさん.com

URL  http://とこやさん.com

日本臨床栄養協会は医師、薬剤師、管理栄養士、他などのスキルアップ機関の一つです

NR・SAは厚生労働省においてアドバイザリースタッフの名称で呼ばれています


アドバイザリースタッフは厚生労働省における健康食品の情報提供システム体制の構築と安全性確保に関する

研究です、正しい情報のもと
栄養型代謝障害(主に補酵素の欠乏)をビタミンやミネラルで健常状態(セルフメ

ディケーションにより)に戻すものです、病状は欠乏状態から脱却することで消えていきます、遺伝子型代謝障

害(主に酵素の欠損症)は医者が治療するものですからここには含まれていません。


       

       

エビデンスによる知的所有権法は再現実験をするために公開が原則ですが、商用では引用文献の無断
公開は認められていません、内容は御自身でお確かめください


          

      

ビタミン・ミネラル欠乏や過剰摂取障害による奇形児(自閉症状、短肢症、内臓形成障害など
を防ぐ会について 2017年9月30日発足日


お知らせ

【柏市】 回答のお知らせ(催奇形性作用による奇形児の予防について)

回答日時 2022/11/15 14:21:32
回答者 地域保健課
回答 高橋 龍一様

この度は、ご意見いただきありがとうございます。
柏市保健所地域保健課です。

ご意見いただきました件につきましては市としても国の動向を注視しているところです。
しかしながら、本件につきましては、国からの明確な見解が示されておらず、市としても独自
の判断基準を持ち得ないのが現状でございます。今後とも、必要に応じた対応を検討させ
ていただきますので、市の現状に何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

担当部署:保健所地域保健課

上記に上げた文面が現柏市のビオチン・葉酸などの欠乏やビタミンAの過剰摂取から発症する
奇形児予防の対応回答です、現柏市長の責務のうえで回答したと思います

アトピー、アレルギー、小児喘息、などは2歳児未満に抗菌薬を使用した場合栄養障害から発症します
この病状をほっておいて子供を宿した場合、自閉症状、内臓形成障害、短肢症、兎口などの奇形児が
生まれやすくなります、現状はこれらのことをこのままほっておくという回答でした。 前柏市長や柏市
議会にも陳情したのですが同様に市民の健康に留意をしているようなポーズだけのようです。

月曜・火曜日は連休です緑色の日時はお休みです


      

電話が多くなっていますが理容予約専門の電話ですので柏市以外からにはでません、代謝障害の治療をしてくれ

る医者も大阪府や東京都では出てきています、アトピーの治療専門でも喘息やアレルギー、尋常性乾癬なども発

症機序は同じですから最寄りの医者と話をして代謝障害の治療をおこなってください。CMや医者の個人的な意見

をマスコミが社会に垂れ流しにするから
女性を代謝障害にして奇形児を産ませて、病気と誤認させるのです。

コロナ対策

オミクロンは喉で増殖するので重症化しにくいと言われている、この喉周辺で増殖するコロナに対しては緑茶カテキ

ンが有効という事なので、紅茶カテキンでも有効なのか家庭内臨床で試してみた結果、つばが飲み込めないほどの

私が180ccのお湯に紅茶2パック入れ、体温と同じぐらいに下がったところでうがいを始めた、一時間に一回程度

四五回のうがいででなくなるので、無くなったらまた次のうがいを作っておけば一時間ほどすると次に使うものがで

きているという寸法で、おこなったところ次の日のお昼ぐらいには喉の痛みと熱も平熱まで戻った、妻も同様にうが

いをおこなったところ、翌日の昼ぐらいには同様に平熱に戻った。紅茶カテキンでも緑茶カテキン同様にオミクロン

株には有効と思われる

2022年4月よりサポート代は2年間で160万円です、喫煙をしている家庭の入会は認めません




とこやさんは代謝障害などをセルフメディケーションで改善や正常化しようとする方をエビデンスを基に

サポートさせていただいています、サポート対象は飲酒・喫煙をなさらない3年後ぐらいに妊娠を望んで

いる方々や将来性のある子供たちなどです。ご年配者及び副流煙に暴露されている方たち、鬱などを患

っている
糖尿病、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬などの重症者の方、カルバミド基、ウレイド基の成分が

入っている薬剤を服用している方は鬱のためセルフメディケーションが理解できませんので対象外です





インスリン非依存性糖尿病は糖代謝障害、尋常性乾癬や掌蹠膿疱症、IgA腎症などはIgA型(高IgA血症)の

脂肪酸代謝障害です、アトピー性皮膚炎、IgE型アレルギー、喘息などはIgE型(高IgE血症)の脂肪酸

代謝障害です、リウマチなどや攣縮型狭心症、全身性エリテマトーデス、クローン病、腎症、習慣性流産など

も脂肪酸代謝障害として知られているその他の病状に非アルコール性脂肪肝(NASH)と言われているものが

ある、肝臓が過度の脂肪蓄積で腫れて痛みがでるが施術をはじめて脂肪酸代謝障害を排除させると3年程度

で完治する。

栄養型の代謝障害は病気ではないビタミンやミネラルなど栄養素の欠乏ですから補充すれば健常状態に戻り

ますビタミン欠乏や過剰摂取には催奇形成作用があり皆保険制度などで治療する対処療法は危険です、アレ

ルギー、アトピー性皮膚炎、喘息、これらはIgE(高IgE血症)の増加が原因です、50歳位の大人は6年程

度、子供は5歳位までに治療を行えば1年半位で健常状態に戻ります、皮膚からIgEが排出されていくの

をアトピー性皮膚炎、気管支粘膜からIgEが排出されていくのを気管支喘息、IgEが体内に蓄積されレアギン

活性が起きたものをアレルギー(食物アレルギーや花粉症など)といいますこれらにはいろいろな病名を

つけていますが合併する代謝障害です

幼い子供には簡単に抗菌薬を使用するのはできるだけ避けることが肝要です。




私の代謝障害(私は60代頃に免疫不全症にかかり家庭内臨床で再現実験しながらエビデンスを調べてい

ます奇形は実験ができませんのでラボなどによるインビボ・インビトロやコホートによるエビデンスです)


病院で難治性外耳炎と診断され治癒ができない、菌体を調べた結果、緑膿菌が繁殖していることがわかり

抗緑膿菌剤の点耳薬を投与したが治癒したかに見えて半年余りでまた増悪を繰り返す、これらの結果を踏

まえ自己免疫不全症(膠原病)ではないかと思うに至った、下にある私のIgE値データーは〜7年に渡り

ビタミン治療で代謝障害のIgE値(高IgE血症)を健常状態までに戻した検査結果である、現在、病状は全

部消ている





ビオチンCの製造販売は終了しました

            

強ミヤリサンの直販は終了いたしました

JR常磐線 南柏駅 JR    

スマートフォン版